働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 IT系企業勤務。一歳の娘と夫がいます

私の副業体験

弊社は副業OKと大々的に歌っているので

産休・育休以外の期間は副業をしていました。

最初は仕事以外の自分の軸が欲しくて始めた副業ですが

2年ほどやっていますが、結果、メリットしかないです。

ちなみに副業は早朝や寝かしつけ後の1日2時間ほど集中してやってます。

土日は基本お休みです。

 

いいこと①自由なお小遣い

これは最大のメリットです。現在だいたい月10万円ほど副業で稼いでいます。

どんなにがんばっても、月の給料を10万円上げるのは難しいですが、

副業で稼ぐことは頑張り次第でできます。

副業のお金なので、気楽に使えます。旅行行っちゃう!旅行で使っちゃう!とか。

 

いいこと②本業で余裕がでる

自分の軸が増えたおかげで、本業で嫌なことあっても

副業でいいことあったりして「ま、いいか」と思うことが増えました。

逆もしかりです。逃げているというよりは、可能性と選択肢がたくさんあると

心の余裕がでるんじゃないかと思います。

さらには意外に副業でやってることが本業で役に立ったり、(逆もしかり)と。

 

いいこと③とにかく楽しい

実際に副業やってて思ったのは、楽しくない副業じゃないと続かないということです。

なので、逆に続いている副業は楽しいです。

「今回あんまり予算ないんですけど・・・」と先方に言われても

楽しそうだからいいや!と発注を受けることもあります。

そして、予算の少ない中でやり遂げた仕事の評価がよいとガッツポーズです。

当然新たな発注が生まれ、他社からも依頼がきます。

楽しいの相乗効果です。仕事のように義務がないので楽しくできます。

 

デメリットはなんでしょう。。。

うーん、調子にのって仕事を引き受けると生活に支障をきたすでしょうか。

そしたらセーブすればいいので問題ないです。

お金を稼ぐだけが目的ではないのでわりきれます。

 

とにかく好きなことを楽しいことをできる業界に

副業として飛び込んだことが続いている秘訣なのもしれません。

 

次に副業表をまとめてみます。

 

パパ活YouTuberにモヤモヤ

文春で、議員とのパパ活を暴露された森田ゆのさん。

私がウォッチしていた、パパ活斡旋屋の「ひとみん」さんに

LINEをさらされて、

・実際にパパ活していたこと

・議員に手切金として300万円要求していたこと(実際とれたのは180万だったこと)

・議員には妻がいるので、訴えられたら困るといっていたこと

が明るみになりました。

 

で、その後のゆのさんは「クソラッパー」としてデビューし

なぜかラッパーになるという、最高の展開。

とにかく顔がかわいい(私好み)、服もかわいい(私好み)、発言キレキレでおもしろい

とすごい逸材だったので応援していました。

とにかくかわいいんですよ。たしかに私がおっさんだったらお金払う。

加藤紗里に「何がしたいの?」と聞かれて

「有名になってから真実を話したい」と言っていました。

 

そのあとのゆのさんですが、

念願がかなったのか、お友達のライターの女性と組んで

ひとみんに仕返し

・ひとみんもひとみんで、港区に憧れる女子を食い物にしていること

・ゆのさんもくわれそうになったこと

を告発しています。

ここまでは、納得です。

ひとみんという女性が、田舎から出てきた女の子たちを

女子大生である自分の立場を使って、パパ活という名の売春行為に

引き込んでいるのはどうかと思います。

(ブスなら体売れ、整形しろ、とか平気でツイッターでつぶやいてます)

 

でも、その後ゆのさんが満を辞してツイッターに出したであろう

パパ活YouTuberになった私から皆さんへ」という文章を読んで愕然とした。

内容としては

パパ活=売春ではない 

パパ活は「女」しか売りがない女のやることではない

・AV・風俗とは違う

・男性は楽しい時間をすごす・女性は効率よく副収入を得るwin-winのシステム

ということです。

 

いや、ゆのさんがパパ活してようが

体の関係あろうがなかろうが、別にどうでも良い気がする。

そんなことより、

プロではない一般女性が、お茶するだけの関係の男性に

手切金300万要求する!?ってこと。

手切金要求するだけでも、普通じゃないと思うのは私だけ?

しかも300万。

奥さんに訴えられたらやばいって、焦っていたけど、

楽しい時間を過ごしてwin-winなだけだったら、焦らなくてもよくない?

っていう核心から話題をそらして

パパ活を正当化して、「私はもうやってません」って終わったところだよ。

 

ひとみんの被害者は既に出てるようだし

これからも田舎から、ゆのさんやひとみんを見て「港区女子になりたい」って

思う子が出てくると思う。

そのへんのところ、ゆのさんにだからこそフォローしてほしかった。。。

残念でならない。

 

 

情報がほしいためにママ友作るのはやめたほうがいい②

とはいえ、矛盾してるかもですが

ママ友作るのは大賛成です。

 

私は子供の保育園に、信頼できるママ友が3人できました。

3人の共通点はずばり、ポジティブでさっぱりしているところ

そして、一番大事なところですが「保育園の先生の悪口・他のママの悪口を絶対言わない」

ことです。

だからこそ気持ちよく付き合ってます。

頻繁に会えないのですが、ちょっとした悩みや愚痴を話し合い笑っています。

子供同士も仲良く遊んでいるので、みんなハッピーです。

 

「ママ友作らなきゃ」と焦って

変な(自分にあわない)ママ友作ると後が地獄です。

保育園の悪口言うママは特に要注意です。自分の子供を預かっていてくれる人たちを

信頼できずに影でこそこそ言うなんてどうかしてます。

文句があるなら、然るべき態度で意見すべきです。

 

あと群れたがりママ。

たぶんどこまでもついてきます。笑

 

 

 

情報がほしいためにママ友作るのはやめたほうがいい①

何回も言っていてしつこいかもしれませんが

最近、「同じ保育園にママ友がいないけど大丈夫かな?」という話をされるので

改めて考えました。

現在、娘と息子を保育園に通わせている身からすると

「同じ保育園にママ友いらない」です。

 

不安になる気持ちはわかります。

なぜなら、私もママ友いなくてめちゃくちゃ不安だっし孤独だったから。

でも、なぜママ友がいないと不安なのかという気持ちを分解していくと

私の場合

①お呼ばれとかしてもらえず、娘がかわいそう

②保育園・子育て情報が手に入らない

③なんか自分が惨め

の3つに分類できました。

 

で、結論として

①に対しては、別に保育園のママじゃなくて会社の友達や

大学の友達の子供と遊ばせればよい。(むしろそちらの方が楽しい)

②に対しては、マジで声を大にしていいたいのですが

情報は自分でとりにいけ! そして自分の頭で精査しろです。

③に対しては

なぜ惨めなのかあいまいすぎる。むしろ、集団でたむってない自分すごい。

さらに、そんな集団にもきちんと感じよく挨拶できる自分は大人だと気づいた。

 

以外には、問題なしです。

ていうか、保育園に子供を通わせていて

「〇〇ちゃんママが、△△って言ってたよ」とか

「〇〇ちゃんが□□先生のピアノ教室に行ってるから、うちも同じとこにした」

という発言を聞くたびにマジかと思います。

一ママの情報をなぜそこまぜ信用できるのかも謎だし

誤った情報を集団でうのみにしたり

子供の適正を無視して、人と同じだからという理由で

同じ習い事に通う意味ってどこにあるんでしょう。

 

保育園や子育てに限らず、情報はしかるべきところに自分で行き

自分で考えて情報をとるべきです。

誤情報や変な噂で身動き取れなくなったママを何人も見たことあります。

 

「△△っていうスイミングスクールは、〇〇ちゃんママが厳しいって言ってたからやめた」

いやいや、それ実際自分の子供がいってみないとわからないよ?

逆に自分の子にはめちゃくちゃあってるかもしれないじゃん。

 

「保育園の□□っていう有料オプションは高すぎるってみんな言ってるよ。

だからうちもやらないことにした」

いやいや、それ民間のいろんなサービスとちゃんと比較した?

送り迎えなしで少人数でやってくれるの考えたらむしろお得だよ。

 

もっと自分で考えて悩まないと。

もちろん、失敗もあるし「知らなかった」「聞いてないよ」もあるけど

子育てをしていくうえで情報をとるという経験値は確実にあがる。

そういう手間を惜しむのはなにか違うと思う。

 

仲良くなくても、普通にあいさつしたり世間話するだけで

ある程度の情報は入ってくる気がする。

むしろ「今日は暑いですね」「最近風邪がはやってますね」くらいの会話であれば

面倒くさがらずに、ちょっとがんばってやるべき。

 

 

 

 

自粛期間で得たもの

今まで保育園にいた時間を改めて娘と過ごすことで、

娘と徹底的にむきあっています。

 

娘は保育園の先生から面談で「とてもいい子です」と言われていて安心していたのですが

その「いい子」というのが、いいたいことが言えなかったのだと気づきました。

自粛期間は、私とずっと一緒にいるので

言いたいことを全部、剥き出しの言葉で私にぶつけてきます。

それに対し、最初は「なんでわかってくれないんだろう」「どうして怒っているのだろう」

「保育園で言われていることと全く違う」と悩んでいました。

私のやりかたが悪いのかと思い、夫と話し合ったところ

「0歳から保育園に入って、ママと一日中いっしょにいられることで

思っていることを全部ぶつけているんじゃないかな」と言われてはっとしました。

 

保育園でいい子だった娘はきっと、言いたいことがあっても先生にも言えず

家に帰ってもドタバタと夕食の準備や下の子の面倒を見る私に

言い切れなかったのだと思います。

 

保育園には感謝しかありません。

お友達も先生も大好きで、たくさんのことを学ばせてもらっているようです。

その一方でもっともっと家庭で彼女のことを受け止める時間がほしいと切に思いました。

この自粛期間で喧嘩しながらも毎日娘と真剣にむきあっています。

とても愛おしい時間です。

辛く大変な毎日ですが、感謝しながら日々生活をしています。

自粛期間と娘の腹痛

新型コロナ感染拡大防止策で

娘の保育園が休みとなり

私と夫がリモートワークでやりくりをする生活が続き約2ヶ月がたちました。

 

リモートワークは我が家にとってはとても快適で

通勤時間やそれに伴うストレスなどもなくなり、

朝・お昼・夜と子供たちとゆっくり食事を食べて過ごす時間が増えました。

私のワンオペもなくなり、子供たちも家族で過ごせることに大喜びです。

 

私は、0歳の息子と5歳の娘をなんとかさせるべく

有休を活用し、育児グッズやおもちゃ・本を爆買い。

オンラインでできる保育園や習い事的なものも始めました。

人のいない早朝と夕方に子供たちとお散歩し、運動をし

子供に負担をかけないようにと心がけており

娘も「ずっと、このまま保育園にいきたくない」と言っていたのですが

連休明けごろから、夜になると「おなかが痛い」というようになりました。

発熱も何も症状はなく、ただお腹がいたいようで、私がさするとそのまま寝ます。

 

仮病でもないようで、本当におなかが痛そうで、毎晩娘のおなかをさすりながら寝る日。

元気そうに見えた娘ですが、いつもと違う日常に知らず知らず負荷がかかり

友達と会えない・好きなところに自由にいけないストレスを抱えていたことを知り

気づかなかった自分にふがいなさを感じて泣きました。

 

そして、休園中だからといって生活態度が崩れないようにと

今までと変わらぬ運動量やオンラインでの学びをつめこんでいた自分を猛省しました。

 

その後、運動やオンラインでの学びは「嫌だったら、今日はやめちゃおう」と

ゆるく継続することに。

夫がいて人手もあったので

今までさぼっていた分を取り返すかのように三食自炊していましたが、

「今日はテイクアウトかドライブスルー」と割り切る日を作って

栄養無視でマックなどにいくように。

 

娘の腹痛はその後すぐに治りました。

本当に反省です。

 

 

 

テンプスタッフのCMが気持ち悪い

これです。

https://m.youtube.com/watch?v=8QXcfOE9tcY


プレゼンうまく行きましたって

資料作ってるのプリンじゃん…。

いえーいって…

プリンさんはそれでいいのか、もっと自分がした

仕事として何かを得てほしい。

得るものがイケメンからのコーヒーだけって

(に見える)

なんかもやもやする。

すごい搾取されてる派遣社員のプリン。

こうやって搾取する社員がいるからか、なんかもやる。


そしてこれをCMでながして

派遣社員の登録に来ると思ってるのかな…

来るから流してるのかな、よくわからない。


ちょくちょく流れる

「君がいるから仕事も楽しい」って…

いやいや、違うでしょ…。