働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 IT系企業勤務。一歳の娘と夫がいます

最後の子育て

夫と話し合って

我が家は第二子をもって終わりにすることにしました。

そもそも、わたしにあの地獄の妊娠期間を

耐え抜く自信はありません…。

そして年齢的にも経済的にもこれが最後という

話になりました。


ということで息子を育てながら

これが最後の赤ちゃん期間なんだなとしみじみとしています。

一人目はバタバタだったのですが

今はかなりゆったりと子育てをしています。

二人目にしてようやく

赤ちゃんのお世話をしながら

かわいいと思える余裕が出てきました。

息子は無条件にかわいいです。


そして、バタバタで常に余裕なく育てていた娘も

あっという間に大きくなり

健康でたくましく、そして優しい子に育っています。

泣き叫ぶ生後数ヶ月の娘を夜中に抱えて

絶望を感じながらあやしていた日々も

今は愛おしくて

娘とはそんなはじめてを一緒に乗り越えてきた

同志的な絆すら感じます。


娘は弟をとてもよくかわいがってくれます。


そして娘ではあるのですが

ときには妹、友人のように

たくさんのことを楽しみながら共有できるようになりました。


気ままに過ごしてきた二十代での妊娠で

できなくなったこともありますし

転職などのキャリア形成もあきらめました。


末っ子で甘ったれでワガママな自分でしたが

(子供もそんなに好きではなかった)

娘と息子を出産して

「愛おしい」「守りたい」という新しい感情を

教えてもらったように思います。