働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 IT系企業勤務。一歳の娘と夫がいます

木嶋佳苗の金銭感覚は異常ではない

木嶋佳苗に異常に興味を持っています。笑

やばい妊婦。


別に性の奥義がどうとかはどうでもいい。

あれは気持ち悪い。

ブスなのに男を手玉にとるのがどうとかも

ピンとこない。

木嶋佳苗はモテたとか、手玉にとったとかより

自分の需要のある市場を見極める嗅覚が

優れていただけだと思う。


私がここまで気になっているのは

木嶋佳苗の金銭感覚。

贅沢ってきりがないなというところ。

贅沢するために詐欺をして得ていたお金も

とどまるところがなくなり

強引な詐欺や最終的には殺人行為にまで及ぶ。

異常だし、病的。

彼女は拘置所に入っても何も変わらず。

面会した男性がモンブランのボールペン使ってたとか、

紀伊国屋のハムがどうとか変わらない。

学歴、社名、高いもの、ブランドのもの、老舗のものが彼女の絶対的価値観。

これら全てを育ちがいい本物、

いいものは違うという表現でずっと崇めてきたけど

なんのことはない。

全てはお金で買えてしまう。

どんな方法で手に入れたお金でもお金はお金。

現に彼女は人を殺めたお金でこれらを貪り買い

消費していた。

表面上はとりつくろえたかもしれない

(外見はとりつくろえてないところはポイント)

けれど、どんなに美しい文字を書こうが

やはり主張していることは下品だし

狂ってる。


お金は怖いけど正直でもある。

でも人を狂わせる。

欲求を助長させる。