働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

パワハラかもと思ったら やること

いろんなシチュエーションがあり
されたことに対する感じ方にも個人差があるので
正解がないぶん難しい問題です。

でも、自分が「これってパワハラじゃないかな」と感じたら
それはパワハラの可能性が大いにあると思ってなにかしらの行動を起こした方がいいと思います。
というか、改めてそう思います。


①状況をメモする
ネットを見ると、パワハラ対策として
「やりとりを録音する」とありますが、
業務中にデスクでそれはハードルが高い。

でも、されたことを客観的にメモすることはお勧めします。
感情を入れずに、ただ事実と日時をメモします。
言われたこと、されたことを詳細に書きます。
こうすると、あとからメモを見返して、客観的に自分が置かれている状況がわかりますし
、他人に相談するときにも状況をきちんと伝えられます。

②第三者に相談する
あとは、必ず職場以外の第三者にも相談することです。
職場の人に相談すると
「そういう人だからしょうがない」とか
「よくあること」とか
その文化に馴染んでしまっている人の声が入り、
自分が悪いのかなとすら思うようになります。
自分が悪いかどうかは別として、立場を使って、精神的に肉体的に相手を攻撃し追い詰めていくのはパワハラです。
事実をきちんと把握するためにも
職場以外の第三者の意見を求めましょう。

いちばんやってはいけないのは、
パワハラ上司と直接対決することです。
直談判して納得するような相手はそもそも
パワハラをしません。
関係がますます悪化するだけでしょう。

録音テープを持ち出して「訴えますよ!」
と本人に言っても半沢直樹みたいに事態はきれいさっぱり解決しません。
逆に上司という立場をつかい
なにかしらの先手を打たれて潰されます。

③人事を信用しすぎない
人事に相談するのは大事ですが
よほどの問題が起きない限り、
会社は役職のついた社員の味方です。

人事も基本信用しない方がいいでしょう。
私は、A課長ともめたときになぜか
部長まで出てきていいくるめられました。
喧嘩両成敗的な感じで言われたんです。
いやいや、喧嘩じゃねーし。
あなたも悪いところあったよね?とまで。
そのときはただただ呆然として
反論できませんでした。

ところがそのあと、被害者数人が
訴えるとなってからようやく人事が動き
味方であった部長もA課長をきりました。
会社ってそんなものです。

④体調を崩す前に逃げる
仕事の人間関係で体調を壊して精神的に崩壊した人を数人見てきました。
その人たちは、完全に回復するまでに
会社を辞めて7年ほどかかっています。
私はとっとと転職をしたかったので、
休職をして転職活動をしようとしたのですが
全然体が動かなくて、活動もできず
しばらく休養していました。
復帰して、大好きな上司の下で働き
転職の話はなくなったのですが
ほぼ投げ出す形でしたが、休職して
本当によかったです。

あのまま会社にいたら完全に潰れてました。
夜10時までデスクで絶叫しながら怒られ
無視され
朝7時から昨日の反省会と今日の目標設定を
みんなの前で言わされました。

よく、苦労したら人生の糧になるとか言いますが
まったくもってなっていません。笑
職場と同僚に対する不信感しか生まれてません。