働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

働きながら妊活

働いている女性にとって、いつ出産をするかは

人生においてかなり重要な選択と決断を要する。
選択と決断をしても計画通り妊娠するわけでは
ないし、そもそも妊娠しない場合もある。
 
第一子を出産し職場に復帰をした時
半年働いたら、妊活をしようと思った。
というのも育休中にフリーの仕事の発注を
受ける機会が増えて、独立しようと思ったから。
半年、様子を見て辞めようと思った。
 
で、半年働いていたら当時の上司に
「頼りにしている。チームを助けてほしい」と
と言われ管理職兼プロジェクトリーダーになった。
そのとき、チームがぐちゃぐちゃだったので
当時の上司とメンバーを助けたい一心で
がむしゃらに働き
妊活している場合ではないと、妊活も放置。
さらにはフリーの仕事も断り
一心不乱に会社と上司に尽くした。
夫に娘を託して朝5時から働き
家に仕事を持ち帰り働き、働き続けた。
 
それからしばらくして
組織が変わったのだが、当時の上司は派閥争いに
負けて左遷された。笑
上司がすすめていたプロジェクトは後任の上司に
より大失敗とされて
プロジェクトそのものもなくなった。
 
で、私に残ったものといえば
期末面談での「よく頑張ったね」という労いの声とちょっとしたいい評価。
いらん!笑
まじでいらん。
私はなにのためにあんなにがむしゃらになっていたのかと、放心状態になったのはいまでも覚えている。
でも、そのとき会社に依存してたら遅かれ
早かれこうなっていたんだなということを
学んだ。
早めに気付いてよかったと思った。
 
 
で、そこから妊活を始めたのですが
当たり前ですが、全然妊娠しない。
世の中そんなに甘くない。