働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 IT系企業勤務。一歳の娘と夫がいます

『恋のかま騒ぎ』がタレント生命を浮き彫りにする

f:id:eikoonomail:20180809081523j:plain

恋のかま騒ぎという番組をよく見てました。

変なバラエティより圧倒的におもしろい。

マツコ、ミッツ、はるな愛、カバちゃん、

IKKOさん、ダイアナ、クリス。

相当な場数を踏んできたツワモノが繰り広げる

圧巻のエピソードとトーク力。

いやあ、おもしろい。

 

 

で、ここに毎回ゲストが出てくるんですけど

ツワモノ集団を相手にどう出るかが

そのタレントの素をあらわしていて

とてもおもしろい。とりつくろえない。

 

EXILE TAKAHIRO

→告知をしにきたのに

ガンガントークに食い入っていこうとしてました。イケメンとしての立ち位置ではなくて

自分から楽しもう、楽しませようとしてて

サービス精神の旺盛さを見せてくれた。

いい人なんだと思う。

小池徹平もかなりのサービス精神を発揮してた。

 

 

◆ローラと田中みな実

→互角にマツコ、ミッツらとやりやって

確実に爪痕を残していた。

たくましいし機転がきくしおもしろい。

一緒に出てた女子アナやシェリーは全く歯が

たたずたじろぐ中、

自分のキャラを良くも悪くも確立してた。

そりゃ売れるし生き残る。

 

◆パンサー

→実力のなさを一番露呈していた。

マツコらを前に「怖い」「びびってる」

という並のコメントしかできず

(完全に守りに入ってる姿勢もいや)

たいして会話にも入らず。

尾形に至っては、「オカマっておもしろいすね!」と天然でバカ丸出しな発言までしていた。

案の定炎上していた。笑

 

スリムクラブ

→こちらもなにも実力を残さず。

なんだか異質なものを見る目で

よくわからない発言を繰り返していた。

 

アンガールズ田中

マツコたちの細かいボケやツッコミを全て拾って

体をはって応えていた。

いじられまくって、イキイキとキャラをだし

ゲストの枠を超えて場を作っていた。

高感度爆上がり。売れてるのにすごい。

 

大好きな瀬戸康史も出てた。

キャラぶれない。

紳士な態度でずっと話を聞いていた。笑

 

もう何年前もの番組なんですけど

結局、そこで爪痕残せてる人は

ちゃんと生き残ってる不思議。