働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

丁寧な暮らしハラスメント

自分でお味噌を作ったり
梅をつけたり、自家製ジャムを作ったり
素材にこだわった服を丁寧に着ている人
いわゆる丁寧に暮らしている人たち
の話を聞いていると
なんだか自分がダメ人間だと思う時がある。



わたしは元同僚が「丁寧な暮らしがしたい」
と会社をやめて主婦になり
とても丁寧な暮らしをしているので
おうちに呼ばれるたびに申し訳無い気持ちになる

ベランダで育てたハーブで入れたお茶
手作りの天然酵母パン
などをふるまわれながら

わたしが会社の近況などを話すと(忙しい)
「人間らしい生活をしたほうがいい」と言われ
「お金にとらわれなくなると
欲求が整理されて豊かに暮らせるよ。
きちんとしたものをきちんと食べることで
体も心も元気になるよ」とアドバイスをうけた。

絶対そうだと思う。
でもなんだろうこのもやもや。

彼女も子持ちなのですが
ご飯はもちろん、おやつも服もお布団も
全部手作り。
昨日、わたし仕事が終わったのが遅くて
娘とデニーズ行ったなぁ…と遠い目。

ただ、彼女が
オムツも布オムツを使っていて、さらにそれを
手作りの石鹸と洗濯板で洗っていると聞いた瞬間
これはいい暮らしプレイだとなぜか納得した。

いや、いいんですよ。別に。
ただこんなにいろんなものがあって
便利になった世の中であえて洗濯板使う!?
石鹸も普通に無添加のものとか売ってるし
買えばよく無い?
むしろ虫とかカビとかつきにくいんじゃ…と。


ただ、丁寧な暮らしを勧めてくる人は
アドバイス相手が丁寧な暮らしをしていない
前提で話をしてくるので
ややハラスメント。