働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

会社を辞めようと思ったリアルな瞬間

退職したいというと、いろんな人に
もったいないと散々言われるのですが
会社を計画的に辞めようと決めたので
そこに至った経緯をかいてみます。

①産休復帰しても会社が何も変わってなかった
2年近くお休みをしていて
会社を離れた状態で世の中のサービスや商品を
一消費者としてうけとっていました
で、復帰して会社に行ったら唖然
2年前と組織どころかサービスも商品も
何も変わっていませんでした
相変わらず
既存の商品をネチネチとこねくりまわし改善するのみ 
しかも効率よくミスなく改善するための
社内調整のための会議や
マニュアル作りにばかり時間がさかれ
ここにいては物作りはできないと思いました。


②尊敬する先輩が飛ばされた
新しい商品やサービスを先陣をきって生み出してきた尊敬する先輩が数名左遷されました
現場でとがった物作りをする人は
たいていマネジメントがニガテでいくつになっても役職がつきません
ということで年齢だけ上がってしまい
歳下上司がたくさんでてきたことと
現場のことをまったくわかってない人たちが
上についたことでいなくなってしまいました。
もはや人を見る目なしどころか現場無視。
現場にいる優秀な若手もどんどんいなくなりました。
現場でスキルをつもうと思っていたのですが
これをきっかけに
ここをでて自力で力をつけようと思いました。

③同僚が生き残りたいと言っていた
仕事はできないけど
人脈と口のうまさでだけで
会社にい続ける歳上の女性と仕事をしているときに
「〇〇という業務をこなさない
と生き残れないよね」と言われた時に
ぞっとしました。
わたしは生き残りたくもないし
この会社に生き残るという目的で
働くのは死んでも嫌だと思いました

生き残り、しがみつき
大企業の福利厚生の恩恵を受けるも
ひとつの道かもしれません
でもそんなスタンスで仕事はしたくないし
そもそもこの会社だっていつまでも安定は
してないでしょう


④言うほど給料良くない
弊社に勤めているというと、まわりから
すごいねーとか高給もらってるんでしょ、と
言われます
若い時は
同じ年齢の人の2倍以上もらってましたが
その半分は残業代です

残業をせず、時短勤務を取っている今では
同年代の人と比べても変わりません
会社の給与体系はよくできた仕組みになってます

⑤すごい働ける
復帰してから誰よりも業務量をこなし
もくもくとタスクを片付け
現場をまわしました。
倒れることなく子育てと仕事の両立をした
それはわたしの自信になってます。



ざっと書き出すだけでもこんな感じです
さ、長期的かつ計画的に退職活動します。
フリーになります。