働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

【ママタレ考察】神崎恵①

f:id:eikoonomail:20170326174130j:plain


かなり昔にマツコが何かの本で

メイクアップアーティストはおかまとブスが多い

って言ってるのをみたことがある


かくいう私はメイクオタク

当時、この発言に納得した気がする

そもそもビジュアルにコンプレックスがないと必死になって化粧しない



コンプレックスを解消しようとメイクを始めて

メイクをすると顔が変わるからどんどん

化粧にハマっていく


でもマツコが言ってたように基本的に

オカマとブスの世界だから

男ウケとか言ってても全然男ウケじゃなくて

結局女の自己満合戦になる

厚塗りファンデにカラフルなアイカラー

おてもやんチーク


そこに革命を起こしたのが神崎さんだと

私は勝手に思ってます


コンプレックスカバーのメイクからの脱却

自称男ウケメイクからの脱却

神崎さんの提案する男ウケはとことん作り込んだナチュラルさにこだわっている

私は四年前に神崎さんにハマった


今ではギャグみたいな痛さもあるけど

じゅわん、ぽわん、ぬめっとなどの

豊富な擬音を駆使してこちらの気持ちを

存分に高めながら商品を紹介してくれる


とてもわかりやすくて

商品への期待が膨らむ

前向きに客観的にメイクを教えてくれる神崎さん

値段、ブランドに左右されることなく

(今はもうダメ…有名になりすぎてしがらみが増えた)

ほんとにいいものを愛情をもって紹介してくれる神崎さんに夢中でした。笑


片っ端から買いましたよ

オススメアイテム…

独身だったし時間もお金も全部自分に使えたから


実際使ってみるとどの商品も本当によかった

@コスメや雑誌の謎のオススメ商品

迷子で自己満メイクから抜け出たと思う


と、ここまで神崎さんへの愛を語ってみました。笑


今はもうダメです…

彼女が人気になりすぎてスポンサーつきまくり

ほんとに彼女がいいと思っているものが

わからなくなってきた

そして、わたしもいつまでもじゅわん

ぽわんとしていられない


事後メイクという言葉を出してきたあたりから(事後て…)

だんだん離れていきました


著書もメイクブックから

神崎さんのライフスタイルブックになってしまった

わたしは別に神崎さんの生活を知りたいわけではない

読者目線のメイクを教えてくれ…


そんな神崎さんが

出会って2ヶ月で妊娠、出産をして

三児の母になったから

これはもうわたしの中では

じゅわん、ぽわんの事後メイクがどこにいくのか気になりまくっていた