働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

【育休中の気付き】おしゃれママってなんだろ

f:id:eikoonomail:20170326070937j:plain

妊娠中に大好きなスタイリストの大草直子さんの本を読んでました

そこに

子育て中は思いきっておしゃれを休む

という記述があって、そのときはピンとこなかったのですが今すごくその言葉の意味を感じています

そして、その発言を大草直子さんが発することのすごさも感じました


実際に産む前と産んだ後では

おしゃれに対してかなり価値観が変わりました

まず乳児がいる母親にとってたぶん

産前にしていたおしゃれを産後も続けるのは厳しいです


一緒に公園や外で遊んでたらどろどろになるし

抱っこすると顔を服にうずめて

そのままよだれまみれになったり

吐き戻したりすることもあります

抱っこすれば靴の汚れがボトムにつくことも

ちらほら

走り回る子をつかまえたり

おいかけたり

落ちたおもちゃを拾ったり

靴を履かせたり脱がせたり

動きやすい靴はマスト


おしゃれしてるママはとても素敵だし

尊敬する


けど、子供の遊び場に危険を顧みないで

ヒールをはいてきたり

子供が滑り台一緒にすべろーといってるなかで

ママは無理と白いスカート履いてるのは

私の中では完全におしゃれではないと自分が子供を育ててみて思った


あとは、子供を放置してお化粧やおでかけの準備に時間をかけるのもなんか違う気がしてる(毎日のことだから)


だから綺麗にお化粧してブランドバッグ持って綺麗な服着てるお母さんを公園とかでみても

お洒落とは思わなくなった

産前は「ああいうママに憧れる」っていう

感じだったけど…


でもほんとに冗談みたいに

子連れのおしゃれスポット行くと

子供を適当に放置してバチバチのおしゃれして

ママ友同士で角度を変えてセルフィを何回も撮ってる人はよく見る

子供にも何回もとらせてる

別にいいんだけど、自分が母親になってみたら、ぼんやり抱いていたおしゃれママのイメージやキラキラ生活には全く憧れなくなった


キメキメのママはきっと

どんなに高い服でも汚れても平気よ!と

割り切れるリッチな人か

おじいちゃんやおばあちゃんと同居していて

時間と人手に余裕がある人か

子供がよく眠る手のかからない子なんだと思う  

あとはオシャレスポットの近所に住んでる人

少ない荷物でさくっとおでかけできて

移動時間も少ないから

そのぶん自分に時間もかけられる



着飾って誰かをあっと言わせたいという下心も一切なくなった

働いていた時は少なからずあった。笑

おしゃれと言われるとうれしかったし


わたしのママ友は信頼している大切な

友達だから

どや!と何かを見せたい気もおきない

むしろ助け合いながら励まし合いながら

ボロボロになりながら必死で子育てしてる


ただ

そんな中でもおしゃれだなと思うのは

髪とお肌がきれいな人

これは娘が寝た時とかいつでも手入れできるからちゃんとしておきたい

でないとだらしなさと悲壮感が出てしまう…

なので子供優先とはいいつつも

できる手入れはきちんとしたいなと思います