読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記

【育休中の気付き】なぜそこまでカラコンにこだわる!?坂口杏里

f:id:eikoonomail:20161228205254j:plain

坂口杏里ウォッチャーのアラサーです

タイトルのままなのですが

彼女のカラコンプロデュースがYahooニュースに

IKKOさんが怒ったとかどうとかは別にどうでもいい

別に本人がやりたいっていってるんだから

いいのに

やってみて成功するか失敗するかも

本人がぜんぶ請け負うんだし



でも気になるのは彼女がたびたびカラコン

プロデュースの夢を語ってること

なんでそこまでカラコンこだわるんだろう


と思って芸能人が広告塔になってるカラコン見てみた(実入りがいいのかしら)



梨花 辺見えみり 沢尻エリカ 益若つばさ

藤田ニコル 板野友美


女子のファッションアイコン的芸能人が

プロデュースしてる形になってる


やっぱり坂口杏里はどうしても

女子からファッションアイコンとして

支持されたいんだろうなと

プロデュースっていうのがなんかずるいというか浅いというか

彼女にとってのプロデュースはたぶん

IKKOさんがいうみたいに在庫をどれだけかかえるかとか

どこの工場にお願いするかとかじゃなくて

色味とかフチのサイズとかそういうのを

指定することなんだろうなぁ


でもプロデュース商品ってやっぱりおまけみたいなもので

モデルやアイドル、タレントが本業として

頑張ってファンを獲得して

その結果出せるものだと思う

憧れのあの人みたいになりたい!って

ファンはものを買うわけだし


坂口杏里はもうその域まで達しているのか


ちょちょっと商品にアイデアを出して

(口出し)

それをプロデュースといい

宣伝写真を自分を媒体にいい感じにとってもらい

女の子から

杏里ちゃんみたいになりたいから買う!

と羨望の眼差しを受けて

お給料をもらう…


テレビにでて身を削ったり

批判されながら成長していくっていうのは

完全放棄

面倒な手配は全部大人がやってくれてる

と信じてる


やっぱり

まだまだ甘い…気が