読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記

【育休中の気付き】育休中の仕事の棚卸し

育休中の気付き

f:id:eikoonomail:20161031211707j:plain

育休も残り半年をきりました

私が育休に入った時に決めたことは

こんな機会は二度とないから

(第二子生まれるかもしれないけど、兄弟いない身軽な状況での育休はない)

とにかく仕事のことを全力で忘れて全力で子育てするということでした

 

とは言え、数ヶ月休んでいると社会に取り残された感に苛まれます。

とある用事で数ヶ月ぶりに夜の電車に乗った時に

働くおじさんが仕事の話をしながら帰宅する姿を見て涙がでました。涙

日中、働くおじさんをほぼみないし、仕事の会話もほぼきかないので...

というかラッシュを避けるために9時前、15時以降の電車には乗らない。

会う人や会話、行動範囲がかなり制限されたものだったことに気付きました

 

 

無性に焦って働くママの雑誌を読んだ時に

「育休中にこそ仕事の棚卸しをしろ」と書いてあり

そのときは はて、と思ったのですが

この1年間に私がやって本当によかったことを書いてみます

 

まず現業から完全に離れてやりたいことを気楽に自由にやりました

わたしは毎月懸賞ガイドを買って、娘が寝た時は面白そうな公募に

片っ端から募集しました

文芸のジャンルで4つ結果が出て、発表会に呼んでもらったり

作品にクレジットを入れていただいたり、お小遣いを

いただいたりととても貴重な経験ができました

 

なにより仕事以外で自分はこういうことが好きなんだ

わりと得意かもということがわかりました

本業のお仕事にもなにかのタイミングでいかせるかもしれないし

自分の今後を考えるいいきっかけになりました

 

懸賞ガイドを買っていることを友人に言うと

あ〜主婦の小遣い稼ぎねと言われますが

なかなか侮れません。かなりの金額のお小遣いと人間関係が生まれます

 

そしてそこからお仕事の話がきました。

もちろんお仕事はできませんがそのお話はまたいつか書きます

 

小さい頃から自分が憧れていたけど

大人になってしまってできなくなってしまったことを

育休中に気楽にトライしてみてもいいかもしれません

 

あと、断捨離と家計簿付けと料理もやってよかったです。

それまではかなり破天荒な生活を送っていたので...