働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

【仕事】お局様の対応策②

http://img.horipro.co.jp/wp-content/uploads/sites/2/2014/09/9708616_324x486.jpg

①一生懸命やったうえでの「教えてください」スタンスをつらぬく

②お局様に対して女扱いを忘れない

③女として・社会人として両面からのリスペクトを言葉であらわす

 

と以上3つを挙げたのでその具体的な

方法を書いていこうと思う

 

まず①の一生懸命やったうえでの「教えてください」スタンス

お局様は長年にわたって会社にいるので

自分が会社に貢献している・がんばっているという自負

(さらに言うともっと認められるべきだという承認欲求)がとても高い

そこでその意識をきちんと認め、教えを乞う姿勢をつらぬくのが大事

 

でもここで注意しなくてはいけないのが

なにもしないで「ただ教えてください♪」といくと逆にお局様の

逆鱗にふれ

「自分で考えろ」「ラクをするな」「わたしの時間を使おうなんていい度胸」

と攻撃の対象になってしまうので絶対にそんなことはしていけない

 

あくまで「ここまでやった」「ここまで考えた」という

最大の努力の痕跡を形で示したうえでアドバイスをあおぐということだ

 

 

②女扱いを忘れない

これ、けっこう重要な気がする

ネイルの色がかわいいとか最新のバックをもってるとか

長年働いていてバブルも経験し、経験とお金をもっているからこそ

細かいところにこだわっているお局様のこだわりを

きちんと見抜いてほめることが大事だと思う

あからさまに「かわいい」「すてき」というと逆にバカにしている感じになるので

あくまで「手入れをきちんとしていて素敵な女性」というスタンスで

なんなら、どこで買っているんですか?と教えを乞うのもいいと思う

お局様にとって若い女子は未知である半分、脅威でもあるので

そんな子から素直に認められたらやはり同じ女としてうれしいと思う

 

③女として・社会人として両面からのリスペクトを言葉であらわす

②につながるけど、ただお局様を「すてき」と言っていても

仕事仲間である以上、深まりもそこでとまってしまうので

やはり「仕事における先輩として」のリスペクトを示すべきだと思う

 

 

わたしのまわりで気難しい女の先輩とうまくやっている同僚は

このリスペクトをきちんと言葉に出して言っている

文字にするとじらじらしいこともさらりと言ってのけている

言葉に出すことが大事

 

先輩のこういう仕事の能力を身につけたい(から今度教えてください)

先輩の気遣いは細やか(だからこの仕事がまわっている)

とか

 

そのうえ「身だしなみもきちんとしているなんて働く女として憧れる」

と働く女としてのスタンスも忘れない

 

 

仕事をほめられるのは慣れてるかもしれないので

やはりここは働く女としてのありかたをきちんと入れたい

 

 

 

とここまで書いて相当面倒だなと改めて思ったし

ここまでする必要あるのかとも思うけど

本当に意地悪で嫌な女の先輩と一緒になったらとにかく戦わず

白旗を揚げて「媚びる(自分を守る)」ことをしたほうが得策である