読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記

【仕事】占いで「死ぬ」って言われた話①

2年くらい前

母の職場の近くに当たると評判の占い師がいるらしく

中学校の教員だった母は

同僚がその占い師にいろんなことを次々と当てられていく様子を

目の当たりにして

結婚を目前にしたわたしを興味本意で勝手に占った

 

なんでもその占い師は

とある同僚の先生が不妊治療中であることを言い当てたり

別の同僚の先生に対しては

娘の結婚時期、離婚時期も全て言い当てたツワモノらしい

 

 

わたしは「占いはエンターテイメント」くらいの認識でおり

雑誌に載っている星占いを読んだり

中華街で友達とノリで占ったりしていてゆるく楽しむ程度だったように思う

 

当時、わたしは夫と結婚の話がでており

入籍・挙式のひどりなどを浮かれ気味に進めていた

だから母に夫の生年月日などを聞かれたときも

なんの気もなく答えた

 

 

それから数日後

勝手に占われたことすら忘れたわたしに

母から震える声で突然電話がかかってきて

「結婚はやめなさい」と言われた←本気

 

聞くところによると

夫と結婚をするとわたしは糖尿病になって死ぬとのことらしい

さらに、死ぬ前に夫の両親との同居を強いられ

夫の父親の会社が倒産し

わたしが借金の保証人になった挙句

わたしの借金で同居する家をたて、

あげくわたしの実家のお金をむしりとられるとのこと

 

わたしのことを「死ぬ」と言ったうえに

夫の両親をここまでろくでなし人間に言う占い。笑

 

 

今でこそ笑って言えるが

当時、母は逆に母が死ぬんじゃないかと思うくらい

占いを妄信し衰弱しきった様子だった

 

 

そして今思うと心の底からバカバカしいのだが

母がその日を境に結婚に猛反対の姿勢を示し

両家の顔合わせの予定など、結婚にむけてすべて決まっていたものが

次々とキャンセルになっていった

 

東京と実家は離れているので

電話で何度も母とコンタクトをとったが、母は

「今はそういう気になれない」と

電話すら出てくれず当然入籍・挙式の話も進まず

夫の家族も巻き込んで「なにがあったのか」と大事になった

 

さすがに「母が占いにはまってしまい」とは

バカバカしすぎて言い出せず

「実家の母の体調が悪くなり」と逆に心配をさせるような

言い訳しかできず

かなりの迷惑を夫の両親にあたえた