働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

【育てる】ママのナンパ

f:id:eikoonomail:20170314100913j:plain


娘を産んでからナンパをされるようになりました

と言ってもママにですが。笑


電車に乗ってて隣同士の席になったママに

話しかけられ名刺を渡されたり

(ほんとにありがたいことです)

支援センターで友達になりましょうとなったり


母親になって母親学級やら検診やら

離乳食教室に行って感じた雰囲気は

やや合コンに似ているということ

そういう行事に参加してる人はだいたい

初産の人でかつ母同士の交流を求めてきているので

会の時も誰と仲良くなろうかおそるおそる

相手の様子を伺いつつ仲を縮めていく感じです


かくいう私も離乳食教室で

とてもいい感じのお母さんがいて

離乳食で悩んでいる内容が一緒だったので

いろいろ話しているうちに

会がお開きになり

「ではさようならー!」となりそうだったので

これで別れるなんて嫌だ!と思い

震える声で

「あの…れ、連絡先を教えてください」と

思いきっていいました


そのママは私の数少ないママ友の一人で

本当によくしてもらって

家に行き来するほどまで仲良しになりました

きっとママつながりじゃなくても

仲良くなっていた子なんだと思います

とても尊敬できる素敵な母親です


ママ友と呼べるのは彼女の他には

大学時代からの友達と会社の先輩です

人数は少ないですが

私はこれだけで大満足かつとても充実しています

情報が足りずに困ったこともありません

信頼している人から信用できる話を

少しでも聞いたり相談するだけでいいかなと

あとは行政やしかるべき機関に相談にいく

それだけです



【育てる】断乳して変わったこと

f:id:eikoonomail:20170313153214j:plain

 

断乳して一週間、変わったことがたくさんあります

断乳前は夜中に4、5回おっぱいを求めていた娘が起きなくなりました

夜泣きはせず

ぐずる程度でおっぱいをあげればすぐ寝てくれていたのと

妊娠中にとにかく気持ち悪くて

寝ることしかできずに

寝ることにいい加減嫌気がさしていたので

夜中の授乳は負担ではなかったのですが

やはり夜通し寝られることで

体は本当にラクになりました

 

さらに食が細く食べムラがあった娘ですが

朝からなんでも食べるようになりました

ごはん(おかわりした…)

アジの煮物

カブの味噌汁

納豆

いちご

ツナとキャベツのサラダ

を今朝はペロリと食べました

 

ありがたいことです

 

そして一番変わったのは

自我が一気に出てきて

それとともにしゃべるようになりました

あっちに行きたい

こっちに行きたい

開けてほしい

本を読んでほしい

バナナが食べたい

カタコトの日本語ではっきり訴えてきます

 

桶谷で

断乳がうまくいったことが

娘の成功体験になって自信がついて

より成長しますよと言われて

楽しみにしてたのですが

ここまで変わるとはという感じです

 

ライオンの写真を見てガオーとなき真似したりポーズもとります

にゃんにゃん、わんわんの世界から

どんどん広がっていきます

 

自我が芽生えて要求されるので

外出は大変ですが

一方で言えばある程度わかってくれるという

安心感もあります

 

子育ては大変だけど

面白いなとひしひしと感じています

【育てる】断乳に成功したけど...②

f:id:eikoonomail:20170312094752j:plain

 

前置きが長かったのですが

いざ断乳の日になりました

桶谷で旦那さんに

ぜひとも協力をしてもらって!と強く言われたので

夫のいる土日に決行

 

桶谷で言われたとおりに

朝起きて

今日がおっぱいがアンパンマンになる日だよ

と言って最後の授乳をします

本人が納得するまでとにかく長く飲ませました

その様子を見て夫が号泣

私も名残惜しい気持ちで娘を見つめました

でも

私たちが迷っていたらこの子はもっと混乱すると思い

夫と

これは娘の成長の大事な一歩だから気持ちをちゃんともって

笑顔でバイバイさせてあげようと誓いました

 

そして食後におっぱいにアンパンマンをかいて再度登場

本当におっぱいがアンパンマンに変身したことに驚く娘

そのまま何度も服をめくってはおっぱいを確認し

バイバイと言って遊びを始めました

 

 

 

桶谷では

母なしで父親と楽しむこと

夜へとへとになって寝るまで遊ぶこと

昼寝は極力短時間にすること

と言われていたので

夫にとにかくがんばってもらいました

その間、私は買い物に行ったり掃除をしたり

 

夫は公園をはしごして、さらにはボーネルンドで遊びたおしてくれました。

日中におっぱいがないことで娘がごねたりすることはなかったそうです

 

そして夜

お風呂も夫に入れてもらい寝かしつけの時間

断乳から3日間はとにかく泣くから徹夜覚悟だよ

と友達にいわれていたのでかなり気合が入っています

 

 

 

昼間の疲れでヘトヘトになって今にも寝そうな娘でしたが

やはり「おっぱい」「おっぱい」とおっぱいを探します

でもぐっと

今日おっぱいはアンパンマンになったんだよ

(娘)ちゃんはアンパンマンにバイバイしたよね

お姉ちゃんになろうとしてるんだよね

一緒にがんばろうね

おっぱいなしで寝られたらすごいことなんだよ

 

と何度も何度も話しかけます

娘は特にごねることもなく

何度も何度も寝返りをうち

歯をくいしばっていました

 

桶谷で言われたのは

今までおっぱいと一緒に寝ていたからおっぱいがなくて

どう寝ていいのか(娘)ちゃん自身も必死でその方法探しているから

それを一緒に応援しましょう

ということ

 

これにとても納得したので

寝返りをうって必死に「おっぱい」「おっぱい」と

つぶやく娘に

一緒にがんばろうね

おねえちゃんになるんだよ

と応援し続けました

 

15分後娘は寝ました

 

あまりにもの短時間とまったく泣かなかったことに

夫と拍子抜け

きっと夜にすごく泣くにちがいないと思い

夜食を用意したりして準備をしていたのですが

夜は2,3度ぐずって起きましたが

背中をトントンしたらすぐに寝ました

 

2日目も同じようにすごします

2日目は1日目よりもさらにすんなりと寝て

3日目はおふとんにおいた瞬間に寝ました

 

いずれの朝も

昨日は一人で寝たんだよ

お姉ちゃんになったんだよ!と何度も抱きしめてほめます

本人も心なしか嬉しそうでした

 

3日目は夫に午前中だけ休みをとってもらって

桶谷へ行きました

さすがにおっぱいがはっていたので

それをしぼってもらいます

 

断乳前におっぱいの状況を見てもらい

断乳中に自分で搾乳する量やタイミングを教えてもらえたおかげで

断乳中もなんのトラブルもなく過ごせました

桶谷すごい!

 

とかなりスムーズに断乳できましたが

やっぱりさみしいです

3日目に桶谷でおっぱいをみてもらったら

右側だけ張りが強くて 先生に

(娘)ちゃん、右側を一生懸命吸ってたみたいだね

と言われてまた泣きました(泣きすぎ)

 

お酒も飲めるし自由な時間が増える!と

あんなに待ち望んでいた断乳だったのに

こんなに悲しいとは

母の気持ちは複雑

 

そしてがんばった娘をますます愛おしいと思いました

小さいからわかってないなんてウソ

言い聞かせが成功の一因だったことは間違いないし

彼女なりにいろんなことを理解してくれていたと思う

だから脅したり怖がらせたり

本人が納得しないまま突然断乳したりしなくてよかった

 

桶谷の帰り道に

久しぶりにスタバに入って一人でゆっくりしながら

娘が成長するうれしさとさみしさを感じで

また泣いた(泣きすぎ)

 

この歳になってバイバイするいろんなものが増えていくことを

子供を産んで改めて実感しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【育てる】断乳に成功したけど…①

f:id:eikoonomail:20170312094752j:plain

先週末に断乳を決行しました

四月から職場復帰するのと引越しのバタバタで

環境が変わる前に断乳をしておきたかったからです

 

一年半完全母乳できたので

なかなか手強いだろうと思い戦々恐々

完全母乳で育てた友達に断乳体験を聞くと

2日目でおっぱいが張りすぎて熱が出たり

吐いたりとトラブルをかかえて

みんな桶谷に駆け込んでいたので

先回りして一週間前に桶谷に行きました

 

そこで改めて断乳の方法をレクチャー

スムーズに断乳に入れるようにマッサージもしてもらいました

 

桶谷、ちょっと疑ってたんですけど

私にはすごくよかったです

むしろもっと早く行っててもよかったかも

おっぱいの相談や子育ての相談を

経験豊富な先生がかなり論理的に説明してくれます

そこにどれだけ医学的根拠があるかはわかりませんが

〜だから〜するといいですよという

理由づけにとても納得しました

そしてあの空間にかなり癒されます

 

1ヶ月前から娘には断乳の説明をしていたのですが、娘に

おっぱいバイバイだね

というと

笑顔でバイバイ!というので

伝わっているのかやや心配で

それも相談することに

結果、カレンダーに笑顔のアンパンマンをかいて

一週間前からカレンダーを使って説明することになりました

あと⚪︎日でおっぱいはアンパンマンになって

バイバイするんだよーと

怖い顔をおっぱいにかいたりからしを塗ったりする方法に

かなり抵抗があったのでこれもとても納得しました

 

 

 

おっぱいにバイバイしたら

食べる量も増えていよいよ自分で自立する第一歩となって

(娘)ちゃんもお姉ちゃんになるんですよ

と先生に言われて

 

おっぱいにバイバイしたらお姉ちゃんになって

もっと楽しいことを一緒にいっぱいしようね

と説明しました

 

桶谷は基本子供の気持ち最優先で

断乳方法を考えてくれるのですが

母親の気持ちにも寄り添ってくれます

 

完全母乳中は常に母子一体で行動せねばならず

そのつらさに

何度も根をあげそうになったのですが

いざやめるとなると

どこか寂しい気持ちで

まだいいか

という踏ん切りがつかない自分もいました

それも正直に先生に話すと

 

それで当たり前ですよ

100パーセントの気持ちで断乳できる人は

珍しいですよ

でも80パーセントまで決意できていなければ

やめたほうがいいし

逆に80パーセントまで来ているならやりましょう

と背中を押してくれました

 

(娘)ちゃんが独り立ちするために

家族みんなでのりこえていきましょうね!

みんな笑顔で頑張りましょう

と言われました

 

自分の今までの思いとかいろいろ

溢れてきてなぜかその場で泣きました。笑

 

 

 

【ママタレ考察】紗栄子と小倉優子

f:id:eikoonomail:20170309223011j:plain

 

女子は結婚相手によって人生のステージが一気に変わる

特に芸能界

小倉優子こりん星を否定することにより脱アイドルを目指していたが

その活動もきっと頭打ちで

結婚・出産することで「ママタレ」界にやってきた

しかもセレブ妻(本当のところは知らない)の肩書きが

彼女の幸せなママタレ像に拍車をかけて本も売れた

ステージが一気に変わった

 

でも今回離婚したことでまたステージが変わった

次はたくましくもかわいくけなげにがんばるママタレ路線になる

まさに男でステージが変わる

これからゆうこりんがすることはシングルマザーの共感をとりこんでいくこと

けなげにがんばっていくことで「ゆうこりんがんばれ」と世間の激励を集めること

それが好感度をあげていって根強い同性ファンを作ることなのかもしれません

ゆうこりんはそれも全て含めてネタになりそう

安田美沙子はならなさそう。というかゆうこりんほどふっきれていないかんじが

同性受けしなさそう)

 

 

紗栄子も結局は小倉優子と同じ

ただし、紗栄子の場合は夫のスケールが世界規模だったということで

ダルビッシュをつかまえた女」という肩書きを残した

さらにすごいのはその後、

ZOZOの社長と付き合うことで

「偶然ではなかった」というモテ女としての肩書きをのせた

 

まさに男でステージを変えて

そこから自分で積み上げていくというたくましさ

ほんとすごい

 

 

なんか生意気なブログだ。これ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【育休中の気付き】ベビースイミング、いいですよ

f:id:eikoonomail:20170228154256j:plain

 

娘が6ヶ月の時にベビースイミングを始めました

今月でベビースイミングをはじめて10ヶ月

リトミックなどいろんな習い事の体験にもいって結局スイミングにしたのですが

改めてやってよかったなと思いました(今日。笑)

 

◆私の運動不足解消になる

泳ぐ時間は短いのですが、水の中で歩いたりジャンプしたり

気持ちいです。そして楽しいです。泳ぐ時間以外に着替えたり

プールサイドに子供を連れていったりと泳ぐよりむしろ大変なことも

たくさんあるのですが、かなりいい筋トレになっています

(爆食べしてますが、体重も体型も産前に戻っています)

 

◆子供とべったり向き合える

家にいると、やることが尽きて来たり

「あれを触らないで」「これをしないで」など家の中にいるがゆえに

子供に対しても制限が出て来ますが

プールの時間は基本的には何をしても何をやってもいいので

子供と思いきり楽しめます

水の中なので常に密着してベタベタできるのも楽しい時間です

 

 

◆ママ同士の付き合いがいい感じ

支援センターや児童館などのママの集まる場所は、なかなか付き合いが面倒です

でも、プールは基本的には「泳ぐ」という目的があり

子供から目を離すと大変なことになるので

ママ同士で近い距離でなにかをしたり話したりというのがありません

距離感がとても絶妙で

半分裸の付き合いのようなものなのでみんなサバサバしています

プールに来ているお母さんはサバサバしている人が多くて

話も完結、そして楽しかったりします

 

◆風邪をひかない

よくいわれていますが

これはうちの娘が本当にそうです

同じ月齢の子に比べて圧倒的に健康です

大病もしたことがありません

プール効果なのか本人の体質なのかはわかりませんが...

 

◆水着姿がもえる

これは小さい子(女子)の特権かもしれないのですが

とにかく赤ちゃんの水着姿はたまらなくかわいいです

ベビー水着は本当にかわいいので

見ているだけで癒されます

 

 

 

 

とはいえ最初のほうは水に入っただけでぐずりまくりで

本当に大変だったのですが

今日、楽しそうにプールサイドから水の中に飛び込む娘を見て

入ってよかったと改めて思いました

 

自分の水着姿もだんだん抵抗がなくなります(半袖半ズボンの形の水着)

みんな同じような格好をしているので、そんなことあっという間に気にならなくなります

とういかそれどころではなくなります

子供が水を飲んで中毒になったこともありません

(まわりでも聞いたことない)

 

 

水にもなれるからお風呂も楽チンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【育休中の気付き】スポーツ大将のもやもや

youtu.be

 

週末は行けるタイミングで娘を夫に預けてジムに行きます

1時間1本勝負で走れるだけ走ります。もくもくとひたすら

かなりのストレス解消になってます

 

 

走りながらテレビを見ます

今日は「バナナマンのせっかくグルメ」とやらを見ました。

バナナマン好きなので面白かったです

 

そのあと見た「ビートたけしのスポーツ大将2017」にもやもや...

いや別にいいんだけど

なんか番組が作った陸上ロボットと全国の陸上大会で優勝している小学生・中学生

を集めて短距離を競わせるという名物企画(らしい)だったのですが

 

全国大会で優勝したり実績を残している子(選手)が出場しているなかで

やたらビジュアルをおされている女の子がいました

その子の陸上実績はとりたてて取り上げられず

なんとなく実績はないけど速そうという印象でその子の紹介は終わりました

でも抜群にかわいいので

画面でも常に目立つところにいます

 

 

で、選手達(中高生の男女)がロボットと短距離を競います

でもロボットがあまりにも速すぎるのでどんなに実績のある選手も

ロボットには勝てず

つまみ枝豆がすごくスレた格好と口調で走り終わった選手に

インタビューをしていました

「おしかったね」「がんばったね」とかまじで当たり障りのないことを言ってました

つまみ枝豆である必要はまったくないし出ない方がマシレベル

むしろ選手を汚された感じすらする変な格好と話し方をしていた

選手の腕をぐいとつかんだりしていて見ていて不快感すら覚えた)

 

 

そのビジュアル推しの子もロボットに完敗するのですが

その時につまみ枝豆がその子にかけた言葉が

「ダメだったけど、芸能界入ればいいよ」

 

 

!!!!!!!!!!!

 

 

わわわわわ、失礼!

その子がどんな経緯でテレビにでたのか

どんな思いで陸上競技をしているのか番組の紹介では

まったく伝わってこなかったからわからないけど

がんばって走った子に言う言葉なんだろうか

 

その子にもちゃんとした実績があるのに

そこをすっとばしてビジュアルだけを前面に出されて

走り終わって言われたコメントがそれだったらその子に失礼すぎるし

その子がビジュアルだけで、実績をつみあげてきた選手と一緒に

テレビに出ているとしたら

他の選手に対して失礼な気がする

華を出したかったってこと?

 

たいしたことじゃないかもしれないけど

「女」であることのもやもやとか行き苦しさってこういうちょっとしたところで

感じ取って行くと思う

少なくとも子供が出ている番組でこういうことするのは嫌だと思ってしまう