働く・育てるアラサー blog

都内で育児と仕事をしながら暮らすアラサーの日記 一歳の娘と夫がいます

UK版シルバニアファミリーがやばい

今日は家族で外出しました。

そこでシルバニアのお店に入ったのですが

海外のシルバニア製品がおいてあって

夫と大興奮。購入しました。

娘よりも夫と私の方がテンション高い。

だってこのクオリティですよ。

f:id:eikoonomail:20180624021950j:plain


今日はキャンディワゴンを買いました。

娘は大喜びで遊んでいます。

パーツが異常に細かいのでなくしそう…。

これで900円だった。安いきがする。

ディテールまで完璧なのに


日本のシリーズももちろん定番なのでが

海外シリーズはおもしろい

キャンプしてたり

f:id:eikoonomail:20180624022458j:plain


ガーデンバーベキューは

エプロンしてるお父さんがついてくる

f:id:eikoonomail:20180624022756j:plain

海外っぽい。笑


日本にはいないキャラクターもたくさんいる

カワウソ、リューアル前

f:id:eikoonomail:20180624022952j:plain

かわいい…のか!?笑


テントのトイレ。すごいピンポイント。

f:id:eikoonomail:20180624023147j:plain

ここまでくるともやは大人のおもちゃ


実際にお店で一番テンション

あがってるのは夫と私。

夫はなぜそんなにハイテンションかわからない。












適材適所適役という考え方

副業が軌道にのってから

本業もうまくいくようになりました。


職場も人間関係もスムーズに進み

がむしゃらに頑張っていた時よりも

成果が出るという謎


理由を考えてみたところ

承認欲求や自己実現、やりたいことを

全部副業に注ぎ込んで満足していることで

肩肘をはらずに

ありのまま本業で働けていることに

気がつきました。


自分の強みをいかす

成果を出すことばかり考えていましたが

それは、副業でやればいいやとゆるくなり

チームで楽しくいいものを作ろうという目標に

変わった瞬間に

自分が向いてるのは管理職でもなんでもなく

現場で作り続けることと

メンバーの苦手なところをフォローすること

だと気付いてから

すべてがうまくまわるようになりました。



適材適所という考えもちろん大事ですが

適役というのもあるのだなと実感しています。

あんなにズタボロになりながら

がんばっていたのに

リーダーになったら

何もやりがいを感じなくなった昔を

思い出しました。

皮肉なものです。

アラサー女性のビジネスリュック選び

トートバックで会社通勤していたのですが

娘の送り迎えは自転車だし

一度、リュックを背負った時の

圧倒的な楽チンさが忘れられず

完全にリュック派になりました。


人生初、リュックを購入。

ノーブランドのシンプルな黒リュックを

背負っています。

最近はリュックに入れたい

仕事の荷物やアイテムが増え

本格的なビジネスリュックの購入を検討。


ヒールを履いて似合うかつ実用的な

リュックを探していて行き着いたのはこれ。


TUMI バトラー

http://www.tumi.co.jp/shop/g/g0798641D/?utm_source=google&utm_campaign=PLA&utm_medium=cpc&gclid=CjwKCAjwma3ZBRBwEiwA-CsblJnvIoUh2jrS2m9Zyeg41Gio933E38KSfLWLXed6KKbobag5P8fOfhoCFNEQAvD_BwE



サムソナイト

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html?ie=UTF8&a=B01I0VB2P2&ascsubtag=329B60D1467d05082422847750658300003000_B01I0VB2P2_1a9fe80e199145d98e9b65d71dd2452da&creativeASIN=B01I0VB2P2&lc=msn&linkCode=msn&m=A203L2P4FJNMG4&tag=kakaku-subtag-22&uid=NULLGWDOCOMO


男性用というのがネック。

でも男性用のビジネスバックはとても実用的。

でも本、資料、ノート、ICレコーダー、カメラ

パソコン、充電器、携帯、財布、ペンなど

細々したものを持ち歩いているとカバンの中を

整理するのも大変だし

無駄にバッグインバッグするのも面倒。


店舗に行って実際に見てみようかと。


娘とのおでかけは

今使っているリュックサックを引き続き使用。


porterも実用的そうだったのですが

いかんせん学生さんのイメージが強く…


ノースフェイスも大容量ですごい

収納力なのですがヒールやわたしの格好には

なかなか厳しかった。







憧れのママが

ママ友とのトラブルとか

人間関係のいざこざとか

よく聞きますが

会社の同僚の話を聞いたりわたし自身の体験で

言うと今までママ間のトラブルに

巻き込まれたことはない


みんなめちゃめちゃいい人

保育園のママたちもみんな働いているので

バタバタ迎えにきて

バタバタ帰っていく


時間に制限があるので

だらだら話している時間もない

軽く世間話するくらい

みんなとてもいい人


そんな中で

娘の一つ上のクラスに

わたし好みのファッションと

オーラをかもしだしているママがいて

いつも見てしまいます


接点がないので

挨拶程度しかできずやきもき

でも本当はもう少ししゃべってみたい。笑







クリエイティブの還元先

恋愛にとても不器用な男友だちがいて

彼はいつも彼女に浮気をされて

ズタボロになって

ズタボロになりすぎて

それでもそういう恋愛ばかりを繰り返すので

もはや性癖なんじゃないかと思って聞いてみたら

否定できないと言っていた。笑


彼は売れっ子の脚本家で

彼の書いた映画やドラマを見ていると

どうしようもなく

恋愛でズタボロになる男の主人公が

多々登場する。笑


彼そのもの。

でもそれを人気アイドルの男の子とかが

映像で演じることで

かわいーとか切ないとか

ファンがとても喜んでいる。

すごいことだと思う。


書く人

演じる人

演出する人

いろんなものが組み合わさって

エンターテイメントができている


人生イージーモードって何歳まで通用するのか

文春で突撃されてた
手越くんと一緒に飲酒してたらしき女性の
人生イージーモードって書いてあるのを見て
↑真偽不明だけど

めちゃめちゃうらやましかった。笑
叩かれまくってるけど素直に羨ましい。笑

可愛いって素晴らしいし
若いって素晴らしい


若さがなくなったときに
途端にイージーモードじゃなくなるけど
可愛ければなんとかなる世界もある
拾う神はたくさんいる
ただその世界はイージーモードだけど
天国かはわからない。

ただ言えることとしては
職場や周りにいる美人な同僚で
ビジュアルに甘んじてる人はあまりいない。


きちんと仕事をすればするほど
きちんとした世界に身を置けばおくほど
美人だけで通用するはずもなくなってくるから
当たり前の話だと思う。


美人を武器にしながらも身を粉にして
働いてるし自己実現してる。

飲んで騒いでいる世界であれば
もちろん美人はイージーモードだと思う。








副業その後

先々週

副業の納期がピークで

仕事もピークだったので

死ぬ…と思いボロボロになりながら

仕事をおさめて


先週はなにもしないで

ひたすら家族サービスをしていたら

納品したクライアント先から昨日

再受注依頼が入った。


ボロボロになりながらも

丁寧に仕事してよかった…

めちゃめちゃ嬉しい。


誰かに必要とされたい欲求も

成長したい、経験したい欲求も

この歳だからなのかまだまだ底知れない。